【ゆるキャン△】志摩リンみたいにバイクでキャンプに行きたくなった人へ

yurucamp01あfろ/芳文社・野外活動サークル アニメ「ゆるキャン△」公式HPより引用

バイクのシートになりたいと思ったやつはいねがーーー!!

 

こんにちは。やまとーる(@yamatoll0840)です。

ゆるキャン△を見て、「自分もバイクでキャンプに行ってみたい!」と思った人、いませんか?

僕は初めてバイクキャンプをやった時の感動は今でも鮮明に思い出せます。

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”shikaku.png” name=””] 家を出た瞬間からアウトドアができるのはバイクキャンプだけ [/speech_bubble]

 

今回は、志摩リンみたいにバイク(原付き含む)でキャンプがしたくなった人のために役立ちそうな情報とアドバイスを書いていきたいと思います。






バイクでゆるキャン△その1 バイク選び

・メーカー

・車種

・排気量

色々あるけど、ぶっちゃけるとキャンプに使えないバイクなんて無いのでなんでもいいです。

後部座席が広くて荷物を積みやすい車種もありますが、工夫次第でなんとでもなりますので、自分の気に入ったものを手に入れるのが一番だと思います。

バイクはキャンプだけに使うわけでもないでしょうからね。

それでもひとつだけあげろというのであれば、スズキのV-strom250を勧めておきます。

yurucamp02

yurucamp03おりもとみまな(ヤングチャンピオン烈)/ばくおん!! コミック第4巻よりコマ引用

 

バイクでゆるキャン△その2 キャンプ場選び

これもぶっちゃけどこでもいいんですが、バイクに限りサイト内にそのまま入ってOKなキャンプ場とかもあるんですよ。

例えばゆるキャン△コミック第5巻にでてきた静岡県浜松市にある渚園キャンプ場もそうです。

車は外の駐車場に停車、かつ駐車料金も必要ですが、バイクであればそのまま中に入っていって大丈夫です。

近くまで荷物も運べるし楽ちんですね。

夜の焚火越しに自分のバイクを眺めると、「あぁ〜旅してるなぁ〜」って気になります。

これがたまらなく心地よいんですよ〜

バイクで来てよかったと思える瞬間ですね。

yurucamp04

 

バイクでゆるキャン△その3 道具選び(シートバッグは必須)

一番大事なのがこの道具選びだと思います。

バイクは車と違って積載には大きなハンデがあるので、なるべくコンパクトになるものを選んだり、不必要なものは省くなどしたりして対応した方がいいです。

何よりキャンプ道具を運ぶためのシートバッグは絶対に購入した方がいいと思います。

志摩リンみたいにうまく荷物が積めれば問題ないんですが、そこはちゃんと現実を見てください。

 

荷物をしっかり固定しないとキャンプ道具が道路に落下して、最悪の場合事故を引き起こすことがあります。(転落積載物等危険防止措置義務違反)

 

 

アウトドアを楽しいものにするためにも、しっかりとやれることはやりましょう。

自分はタナックスというメーカーのキャンピングシートバッグ2 MFK-102を使用しています。

バイク専用に設計されているので、後部座席にがっちりと固定することができます。

また、バッグ両脇のチャックを開けることにより内容量を増やせるので、どんなキャンプにも対応できます。

このシートバッグを後ろに載せて北海道や四国を一周してきましたが、快適に旅をすることができました。

とても頑丈な作りで大雨からも守ってくれる頼もしいバッグです。

容量が少ないタイプもありますので、ご自分のバイクに合うものを選んでください。

【バイク】TANAX キャンピングシートバッグ2の利点と欠点【ゆるキャン△】

 

バイクでゆるキャン△ キャンプイベントに参加

毎年開催されている「ゆっくりブートキャンプ」というバイクキャンプイベントがあります。

2018年はふもとっぱらで開催するようなので、ゆるキャン△関係で盛り上がりそうですね(笑)

公式Twitterを貼っておきます。

いろんなバイク、キャンプ道具が見られて楽しいですよ!

ゆるキャンというよりはうる(さい)キャンになってしまうかもしれないけど(;・∀・)

yurucamp05

自分もまたバイクでキャンプをするつもりです。

いいキャンプ場所が見つかったらブログを書きますね。

では!