NYタイムズに選ばれた「瀬戸内の島々」2019年おすすめの旅行先

こんにちは、やまとーるです。

米紙NYタイムズで「瀬戸内の島々」が2019年おすすめの旅行先7位に選出されたというニュースを目にしました。

ランクインしている他の場所と比べても相当すごいことだと思うんですが、

・「島々」って具体的にどんなとこ?
・アクセス方法は?
・お得なツアーはあるのか

など疑問に思ったので調べました。

「瀬戸内の島々」がおすすめの旅行先7位に選出

ちなみに上位10箇所はこんな感じ。

1位 プエルトリコ
2位 ハンピ(インド)
3位 サンタバーバラ(アメリカ)
4位 パナマ
5位 ミュンヘン(ドイツ)
6位 エイラート(イスラエル)
7位 瀬戸内の島々(日本)
8位 オールボー(デンマーク)
9位 アゾレス諸島(ポルトガル)
10位 オンタリオの氷洞(カナダ)

11位以下は公式サイトで確認してください。52 places to visit in 2019 (NYタイムズサイト)

 

itunescard
日本の中でなぜ瀬戸内なんだろう?

と不思議に思ったけど、

・豊かな自然
・美術、芸術との融合
・アクティビティの豊富さ

などが評価されたようです。

結構細かいところまで判定基準になるんですね。

「島々」とはどこを指すのか

結論からいうとこのあたりの島全部です。

瀬戸内海には大小あわせて3,000もの島があり、無人島や、周囲数メートルしかない小さな島も存在する。
主な瀬戸内海の島を以下に示す。
東部 : 淡路島、小豆島
中部 : 大三島、因島、大崎上島、生口島、向島、ホボロ島
西部 : 屋代島(周防大島)(屋代島)、倉橋島、能美島(江田島と一体)、厳島

引用:wikipedia 瀬戸内海より

淡路島、小豆島、厳島あたりが有名なので、

基本的にはそれらの島をイメージすると分かりやすいと思います。

瀬戸内の島々はいい意味でのライバル関係でもあって、

観光へのアピールも盛んなんですね。

例えば直島という島にある「I♥湯」という名前の銭湯の中はこんな感じ。

NYタイムズ瀬戸内の島々

引用:ベネッセアートサイト直島 サイト

何も知らずに入ったらびっくりするんだがw

瀬戸内へのアクセス方法と料金

主要都市から代表的な高松港への所要時間と料金をまとめてみました。(全ておよそ)

高松港まで

羽田から

東京駅から

新大阪駅から

名古屋駅から

時間

2時間 30分

4時間 30分

2時間

3時間

料金

約10,000円〜

17,130円〜

8,140円〜

12,760円〜

(羽田のみ飛行機移動、他は新幹線利用)

こう見てみると意外と近く早く感じますね。

そして、高松港から小豆島へのフェリーも調べてみたところ、

島にある3箇所の港それぞれに船が出ているという充実っぷりw

 

このアクセスの良さもNYタイムズに選ばれた理由ですね。

瀬戸内に行くなら絶対にツアーがお得

関東からだと往復料金を考えたらツアーで行った方がかなりお得です。

島に遊びに行くだけでもいいし泊まってもいいという自由度の高いプランが嬉しい。

 

スペシャルなモノをお探しの方にはこちらをどうぞ。

瀬戸内海をクルーズする浮遊旅館「ガンツウ」

guntu

この料金でかなりの予約が入ってるのが凄い。

前澤社長にお願いしておけばよかった。

 

リーズナブルに行くなら民泊がおすすめ。

Airbnb-瀬戸内検索-

チケットなど全部自分で用意出来る人で、

サービスなんて不要という人はこちらの方がいいと思います。

瀬戸内は西日本豪雨の被災地の一部

今回NYタイムズが取り上げてくれたことで、

国内からだけでなく海外からも注目されることになり、

復興への手助けになってくれたら嬉しい。

微力ながら自分も協力したいと思います。

まとめ 瀬戸内の島々

  • 思ったよりもアクセスしやすい
  • お得なツアーがある
  • 被災地復興にもなる

以上です。

予約で埋まる前に旅行したいですね。