【レビュー感想】アニメ『 僕だけがいない街』のおもしろさに対して5つのツッコミをする

こんにちは、やまとーるです。

Amazonプライムビデオでアニメ『僕だけがいない街』が無料配信していました。

1話目からおもしろいと思う作品は久しぶりで、結局徹夜で12話全部見てしまうという失態w

人気な理由も分かる…んだけど、なーんか納得いかない部分もあるんですよね。

今回はそんな『僕街(ぼくまち)』に関するレビュー感想を書いてみたいと思います。

※原作は未読です

※ネタバレありです

⇛今すぐ『僕だけがいない街』を見るならこちら

『僕だけがいない街』あらすじ(自作)

「リバイバル」というタイムリープ能力を持つ主人公・藤沼悟。能力の発動条件は”これから何か悪い事が起きる時”で、その原因を取り除くまで時間が巻き戻るというもの。漫画家志望のフリーターである悟はとりわけ正義の味方というわけでも無く、むしろこの能力を疎んでいた(マイナスがゼロに戻るだけ、自分にとってはマイナスにしかならないから)。ある日、この「リバイバル」によってある誘拐事件を回避することになるが、その結果犯人に自分の母親を殺されることになる。巧妙な隠滅により母親殺しの容疑までかけられ追われる身となった悟は、「リバイバル」によってこの惨劇を修正しようと試みるが、タイムリープした先は自分が小学5年生だった時の1988年だった。母親が殺された原因がこの時代にあると踏んだ悟は、当時防げなかった同級生・雛月加代の殺害事件から解決しようと駆け回ることになる。

僕だけがいない街(アニメ版)の感想

当初は人に関心が無いような生き方をしていた悟が、「リバイバル」後の小学校生活では自ら踏み出し、運命を切り開いていく姿がおもしろかったです。

自分(と母親)のための「リバイバル」だったはずなのに、いつのまにか加代を救いたいという一心で動く姿に感動すら覚えました。

固い絆で結ばれた同級生と共に“子供ながらに”事件に立ち向かう部分も良く考えられていると思います。

友人の一人のケンヤはある意味悟よりも大人っぽくて、最初こいつが犯人か?とか思ってしまったけどw

北海道が舞台ということもあり、冬の景色や寒さの表現(例えば古いストーブなど)が相まって、うまーくレトロ感を演出している部分もグッと来ました。素晴らしい!

タイトルの意味『僕だけがいない街』なぜ『街』?

最初このタイトルを見た時、中二病で自己陶酔しているのかと勘違いしてました、すいませんw

細かいネタバレは避けますが、自分(悟)が十年以上昏睡していた時も信じて動いてくれた仲間達こそが宝物だという意味でした。

そうさせたのは元はと言えば悟の行動力とか信念であり、彼の仲間たちもまた悟に感謝しているからこそ、見放さずに長い間支えてきたんだと思います。

でも、それだったら『僕だけがいない時間』でもよかったんじゃないかな?って思ったんですが、多分そうじゃないんですよね。

勝手な想像ですが、『街』とは時間を超越した人と人のつながりを含めているんだと思います。

それは母親や小学校時代の友人とかバイト先のJKだけでは無く、今までリバイバルで救った人達や、出版社の担当者など自分に関わって来た人達全て。

それらのつながりを『街』と表現しているんじゃないかな?(違うかもしれないけど)

 

これって少しCLANNADの話にも似ていますね。

『僕だけがいない街』にツッコミたい5つのこと

本作品はとてもおもしろかったんですが、手放しで称賛出来ない部分もありました。

アニメ版と原作とは少し(結構?)違うところがあるみたいなので、そのせいかもしれないですが

八代が千葉にいる理由って?

ショッピングセンターの外で女の子を誘拐しようとしている場面を目撃するのも凄い確率だが、彼は北海道の小学校教師だったのでは…?

 

そもそも母親が遠目で八代と認識出来るのか?

がっつり変装して誘拐を企んでいる八代を母親が認識出来るのか?(八代本人が目覚めた悟に久しぶりで分からないかな?と言う場面あり)

母親は勘が鋭いという描写があって、それが理由で気づいたんだとすれば、なぜ悟が小学生の時に犯人だと分からなかった…?

 

逮捕された時なぜリバイバルを自力で起こせた?

これが一番謎な部分で、愛莉と落ち合った後に逮捕された場面で、なぜリバイバルを自力で起こせたのか…?

 

そもそもリバイバルの能力を得たのはいつ?それはどうやって?

母親が「昔もそんな事言ってた」とぼやいた通り、子供の頃から使えたの?

小学生の時から使えたなら、そもそも加代はタイムリーに救えたんじゃないの?

 

八代が女の子(特に加代)を狙う理由は?また悟に対してだけ執着心強くない?

普通にいい先生すぎてサイコっぷりもあまり伝わって来なかったし、悟を生かしておく理由もよく分かりませんでした。

 

このあたりは原作読めば分かるんですかね(´・ω・`)

『僕だけがいない街』をアマゾンプライムで無料

Amazonプライム(30日間無料)

プライム会員30日間無料制度を利用すれば『僕だけがいない街』12話全て視聴できます。

すでにAmazon会員なら簡単操作でプライム会員に変更可能、即退会OK。

映画も海外ドラマも音楽も雑誌も数えきれないくらいあって、毎日まともに見ても数年はかかると思いますが、好きなものだけ見て即退会が吉ですw

解約日については忘れないようにリマインダー登録しておくと便利です。

自分はLINEのりマインくんを使っています(スマホ標準のものでも大丈夫)

退会日を忘れないように日付指定しておけば解約忘れが無くて安心ですね。

LINE リマインくん

ダンまち無料

以上、『僕だけがいない街』のレビュー感想でした。

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】 

(『僕街は』dアニメストアにも全話あります)

 

©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会
©Kei SANBE 2015/KADOKAWA