【シマノ】シーバスロッド『エンカウンター』のレビュー感想とダイワLAZYとの比較

こんにちは、やまとーるです。

シマノ『エンカウンター』レビュー

シマノより発売になった『エンカウンター』を購入しました。

ウキウキしながら釣りをしてみたところ

・自重の軽さ

・グリップの形状

・ステンレスフレームSiCガイド

などの特徴から、シーバスだけでなく「色々な釣りを楽しみたい」という人にとっては買って後悔しないロッドだと感じました。

特に自分のような脱初心者レベルから中級者の方に相性バッチリだと思います。

実釣レビューやライバル機種であるダイワのLAZYとの比較を書いてみましたので、よかったら参考にしてみてください。

シマノ『エンカウンター』S96Mレビュー

シマノ『エンカウンター』レビュー

自分が購入したのは『エンカウンターS96M』です。

プラグは8〜42g、ジグはMAX50gまで対応なので、ライトショアジギングにも使いやすい仕様となっていますね。

外見はロッドの模様が上位機種の『ディアルーナ』とかなり似ていると感じました。

シマノ『エンカウンター』レビュー

 

続いて使用感についてのレビューです。

エンカウンターレビュー

堤防にて10g〜60gのメタルジグ、バイブレーション、ミノーをキャストしてみました。(60gは実験用)

 

すごくいい!

この価格帯では嬉しいハイパワーX搭載の張りのあるバットパワーでロッドがブレることなく気持がいいキャスティングが出来ました。

ただこれはどんなロッドの場合にも言えますが、上限の重さギリギリよりも少し軽めのルアーの方が扱いやすく、『エンカウンターS96M』に関しては30g程度のルアーが丁度よく感じましたね。

普段もう少し重いルアーを使われる方はMHの方がおすすめです。

 

また、CI4+リールシートの安定感もとても良いです。

シマノ『エンカウンター』レビュー

リールを装着した時の一体感が素晴らしく、グラグラしたりや緩んでしまう事がありません

地味な特徴ではありますが、こういったスペック上では表れにくい細かい所もしっかり作られているのは流石シマノだと思います。

価格を考えたらすごいことですね。

ダイワLAZY(レイジー)との比較

シマノ『エンカウンター』レビュー

スペックや価格が似ているダイワのLAZYと比較してみました。

ちょうど自分の友人がLAZYを使っているので比べやすかった(^o^)

シマノ

エンカウンター S96M

ダイワ

レイジー 96M

全長

2.90m

2.89m

仕舞寸法

148.6cm

149cm

自重

145g

150g

先経

1.8mm

2.1mm

適合ルアー

8〜50g

10〜50g

適合ライン(PE)

0.8〜2号

0.8〜2号

本体価格

22,000円

実売価格はこちら

21,700円

実売価格はこちら

比べてみると恐ろしいほど似てますねw

大きな違いとしては、

『エンカウンター』…オールステンレスSiCガイド

『レイジー』…TOPのみSiCガイド

高価なSiCガイドを全てのガイドに搭載した『エンカウンター』の方がかなりお得感があるように感じます。

後発ならではのアドバンテージなのか、ダイワを意識してのことなのかは分かりませんが、ユーザーにとっては嬉しいです。

 

といっても『レイジー』もすごくコスパの高いロッドだと思います。

自分の友人もずっと使ってますが、特に不満も無く、しっかりしたロッドだと評価していました。

『エンカウンター』に合わせるリール

『エンカウンター』併せて『スフェロス』というリールも発売になりました。

自分は19ストラディックと合わせて使っています。

軽いロッドの『エンカウンター』には自重を考えたリール選びをしたいですね。

重すぎるリールはロッドの良さを消してしまうと思いますので。

 

まとめ 『エンカウンター』はコスパに優れた1本

シマノエンカウンターレビュー

様々な釣りに対応出来るスペックを備えた『エンカウンター』はコスパに優れたお得感のあるロッドだと思います。

河川のシーバスや堤防からのライトショアジギングなど、どんな釣りに対しても活躍出来ることは間違いないでしょう。

さらに安心のシマノ製であるということ、上級ロッドにも搭載されている技術の流用など、最近のロッドのお得感が凄まじいですね。

自分にとっても満足感の高い買い物となってくれました。

これからも『エンカウンター』でガンガン釣っていこうと思います!