ゆるキャン△第8話のマット解説と紹介

こんにちは。

やまとーる(@yamatoll0840)です。

以前の記事の中でキャンプで使用するマットの話もしたんですが、ゆるキャン△アニメの方でもそのことについて放送してましたね。(原作は読んでないので知らなかった…)

 

1500円以内で購入出来る「これだけは絶対に持ってけ!」というソロキャン必須アイテムの紹介をします

 

マットを敷くシーンまでしっかりと描いているアニメなので、やはり作者のあfろさんはキャンプにおけるマットを重要視してらっしゃる!?

ということで今回は作品中に出てきたマットの解説などをしてみたいと思います。

ゆるキャン△に出てきたマットタイプの紹介

yuruchamp01あfろ/芳文社・野外活動サークル アニメ「ゆるキャン△」より引用

別名ウレタンマット。

折りたたんで収納の出来るタイプで、銀マットより丈夫で厚みがあります

重さは軽いですが、シングルタイプだと幅や長さが短い事があるので、自分の体格にあったものを選んでください。(特に男性)

(まったく別の話になりますが、イベント会場やラーメン屋の階段とかで座りながら順番待ちする時に非常に役に立ちます(笑))

yurucamp02あfろ/芳文社・野外活動サークル アニメ「ゆるキャン△」より引用

空気を入れて含ませるタイプ。

普段は空気が抜けているので小さくなる…と思いがちですが、頑丈に作ってある分、実は結構ゴツかったりする製品もあるのでしっかりと調べた方がいいです。

そして、エアーベッド並に寝心地がいいかというと、そこまでの厚みを確保出来ないため、中途半端です。悪くはないんだけど…

敷く時に空気を入れるのも面倒だったりしますね。

自分も過去に地冷え対策としてエアーマットを購入したんですが、一度持っていったきり使わなくなってしまいました。

Amazonを見るとこのタイプが評判がいいみたいですね。

yurucamp03あfろ/芳文社・野外活動サークル アニメ「ゆるキャン△」より引用

フォームタイプとエアータイプのいいとこ取りなタイプ

軽くて持ち運び安くコンパクトになるのも多いです。

広げれば勝手に空気が入るので楽ですが、収納時には圧縮する力がそれなりに必要になるかもしれません。

唯一問題なのは価格…と思っていましたが、最近は安いのが出てきましたね。

予算が許すならこれ一択でいいのかもしれません。

ちなみに一番寝心地がいいみたいです。

僕もアウトドアショップで寝転んでみたんですが、たしかによかったです(笑)

マットよりも快適性を重要視したい!という方には

アウトドア用のベッドというものがあります。

結構デカイ&重いので、車でキャンプに行ける人用ですね。

そもそもこのベッド自体が入る大きなテントが必要になります。

上級者になると、このアウトドアベッドとタープだけで一晩過ごすみたいですけど(^q^)

マットはアウトドアチェアの代わりにもなります

マットはテントで使うだけでは無く、綺麗な地面なら外でも使えます。

アウトドアチェアの代わりにしちゃえば荷物の節約にもなりますね。

ただ、外で使うならレジャーシートの方が使いやすいです。

おすすめは自分もAmazonで購入したこれです。

とてもコンパクトになるし、ふわふわしていて肌触りがとても気持ちいいんですよ。

レジャーシートなら満点の夜空を眺めながら寝転ぶことも出来ます。

ただし焚火を囲む場合は火の粉に注意してくださいね。

yurucamp04あfろ/芳文社・野外活動サークル アニメ「ゆるキャン△」より引用

 

寝る時に寒くて我慢できない時には先程紹介したテントマットとレジャーシートを併用しましょう。

2枚あるだけでかなり違ってきます。

ほんと地面って冷たいんで…

yurucamp05あfろ/芳文社・野外活動サークル アニメ「ゆるキャン△」より引用

以上、ゆるキャン△8話に出てきたマットの説明と紹介でした。

しかしキャンプの記事はいくつも書いてるのに未だにテントとか寝袋の話はしていないですね(笑)

ゆるキャン△の次回を楽しみにしながら、近いうちに書いてみようと思います。

それでは〜♪

ゆるキャン△がおもしろいので作中に出てくるキャンプ道具を紹介します